ちゃんと向き合わないと見透かされそうな大阪のパート薬剤師さん

冬になると冷え性で悩まされる私。
手足が常に冷たいので、いわゆる末端冷え性だ。
運動もしているが更に何かを取り入れようと、漢方を取り扱う病院に行くことにした。
普通の個人病院で、内科もしている。
体の状態について細かく質問し、舌の色を見て、脈を取り、私の手足を触る。
それで私にあう漢方を処方してくれた。
一般的にある漢方薬でもいいが、同じ飲むなら調合した漢方を煮出して飲むほうが体に浸透する、と言われ、煮出すタイプを処方してもらうことにした。

会計時に、漢方を多く取り扱っている調剤薬局を紹介され、そこに処方箋を持って行った。
調合するのに1時間はかかる、と言われ、まず驚いた。
今考えたらそれだけの時間がかかるのがわかるが、調剤薬局で待つ経験がなかったので、当時は驚いた。
時間をつぶして1時間後に行くと、色白で目がとても大きく、関西のイントネーションでさらにキンキン声で話す中年女性が、私の漢方薬を持って出てきた。
煮出す時間、飲み方、保存など説明してくれた。
そして最後に、調合には時間がかかりますので、次回からもそのつもりでお願いしますね、とちょっとしたプレッシャーをかけてきた、と私は感じた。

一か月に一回通院し、漢方を処方、調合してもらう。
調剤薬局での調合の待ち時間は普通で1時間、混雑していると1時間半程度。
その間近くの本屋で時間をつぶす。それにはもう慣れた。
が、毎回受け取りに行く時に緊張をする。
薬剤師は数人いるが、誰が出てくるかその時にならないとわからない。
今日はどの人だろう、あー、またこの人だ、初めての時になかなかのプレッシャーを与えてきたパート薬剤師さんだ・・・と、心の中で呟く。
前回と同様、漢方の説明を受けた。
そして「漢方飲んで何か変化ありましたか?体調がよくなった、とかありますか?」と聞かれた。
え、まだ1ヶ月ですよ、そんな劇的に変わらないでしょう、と頭の中には浮かんだが、この人のこの目を見てそれを口にする勇気はない。
言葉が出ずにいると、その人は他の人に呼ばれていなくなった。
これ、毎月続くよね、この緊張感。結果を求められる緊張感。

調剤薬局に受け取りに行く時、違う薬剤師が担当してくれるとスムーズに事が運ぶが、あの人になると私に緊張感が走る。
煮出した漢方を飲み始めて冷え性が良くなったかどうかはわからないが、一冬で風邪を引かなかったのは初めての経験だ、
これも漢方のおかげなのだろう、と結果を感じた。
いや、あのパート薬剤師さんのおかげなのか・・・?⇒⇒⇒薬剤師 求人 大阪 パート

次回は緊張せずに受け取りができそうだ。

Posted in blog bykuro

英語を話せる薬剤師さんや看護師さんと出会えて良かったです

私が出産した時の話をしたいと思います。
私の夫はアメリカ人で、日本の在住期間もまだ短く、ほとんど日本語が話せないし、理解も出来ません。

出産を経験した人は知っていると思いますが、産後にはいろいろな手続きが必要です。
産後、夫に手続きを頼んだのですが、この産婦人科には英語を話せる看護師さんだけでなく、門前薬局にも英語を話せる薬剤師さんがいるのです。
入院後に分かったのですが、本当に有難かったです。
英語が話せる薬剤師さんや看護師さんがもっと増えればいいのになと思っています。
⇒⇒薬剤師 求人 英語

話は戻りますが、「出産育児一時金」という、決められた金額が申請するともらえるというのがあります。
それでもだいぶ助かりますし有難いことなのですが、それだけで出産費用を賄えるかというのは大間違いで、必ずそれ以上に費用が掛かるので一時金で賄えない分を自分で支払います。

私は妊娠がわかってから、分娩する病院は総合病院にするか産婦人科のクリニックにするかで悩みました。
総合病院だと病院なのでベッドや食事などは病院って感じですし病室も大部屋と個室で値段が違ったり、でもできて3年ぐらいだったのでまだキレイな病室でしたが、クリニックだとホテルみたいな部屋があったりとキレイですし食事も豪華だったりもしますので費用もそんなに変わらないのならとクリニックがいいと思ったのですが、やっぱり家から近いのが一番だろうと思い総合病院の方に決めました。
総合病院に決めて本当に良かったです。この病院には、英語を理解できる医療従事者がたくさんいたんですから。

それから通院することになり、最初に分娩予約ということで前金10万円を支払うシステムで、退院する時に差額を返金されるかプラスになればさらに支払う必要があるという説明でした。
平均的にはだいたい一時金合わせ50万円ぐらいの費用だということでした。
なんて出産費用は掛かるのかと思いました。

そして予定日より早かったのですが、お腹が少し痛む感じがあり、その日がちょうど検診だったので内診すると子宮口が4センチ開いてるということで、今日分娩になるから入院セット持ってきて入院の準備をするよう言われ、いよいよ分娩になりました。

痛みには強い方だったみたいで、子宮口7センチまでは大丈夫だったのですが、それからは痛みがピークになり助産師さんの指示のもと力んでいたのですが、赤ちゃんの心拍も自分の意識も落ちてきてるから促進剤打とうかと言われたのですが、赤ちゃんの心拍が一番の心配だけど、プラスで出産費用は払いたくない!と思い、そこからかなり頑張って超安産の5時間で出産を終えました(笑)。

最後のお会計では差額500円を返金されました。
同じ病室だった人は3万円ぐらいプラスで払っていたようでラッキーと思い、頑張って良かったと思いました。

Posted in blog bykuro

調剤が未経験の薬剤師では調剤過誤を防げない

私は薬剤師と保険薬剤師の資格を持ち、調剤薬局で働いています。よく調剤の過誤をゼロにすると言っている薬局がありますが、結論からいいますと調剤過誤をゼロにはできません。

特に認知症がある利用者さんが相手ですと過誤はゼロにできるのは不可能です。私は調剤過誤をゼロ近づけるのは賛成です。しかし、調剤過誤をゼロには不可能と言い切ってしまいます。何故なら、調剤過誤は日常茶飯事で起こりやすいからです。

人間は予測は確かにわかるときがありますが、予測がつかないのが人間です。転倒や転落をゼロにしようとしたら拘束してしまい、人権はなくなってしまいます。拘束しても過誤ゼロにはできません。何故なら、拘束しても利用者さんは拘束することを嫌い抵抗しますから過誤が起こってしまいます。

過誤はありますが、過誤をゼロにはしないで、防げる過誤は防ぐと思いながら、調剤の仕事をするといいと思います。嫌な話をしますが、調剤薬局で調剤過誤ゼロですと記載されていたら、調剤薬局を疑って見てくださいね。私たちの生活で考えて調剤過誤と比べて見ますと、普通の健常者でも、転ぶことはありますし、よく足のどこかに軽い怪我をしていて、どこで、ぷつけたのか分からないと考える方は多いと思います。

しかし、調剤過誤を放置しますと、大きな過誤に繋がりますから、過誤対策は必ずしてくださいね。過誤対策をして調剤過誤をなくすことはできますが、全部は調剤過誤をなくすことはできないことは理解してくださいね。調剤薬局で働いていない方は、調剤過誤は故意でもなくても起きないと考えている方は、実際に調剤の現場で働いてみたり、調剤のボランティアをしてみると、調剤の過誤をゼロにはできないと理解できると思いますよ。調剤の現場は人手不足もあり調剤過誤が起こりやすい環境にあることは間違いないです。

調剤過誤が起きる前のリスク管理と調剤過誤が起きてからの対策はしっかりやりましょう。

だからと言って未経験の薬剤師が就職を躊躇する必要はありません。どんどん現場に出て調剤経験を積んでください⇒<薬剤師求人未経験

Posted in blog bykuro

結婚適齢期女が出会った彼と婚活サイト

わたしは現在30歳になる女性です。
わたしには3歳年下の彼がいます。彼との出会いは去年の1月のことでした。
わたしは前にお付き合いしていた男性と別れ、落ち込んでいたのですが、友だちがわたしを元気付けようとしてくれ、飲みに誘ってくれました。

たまたま飲みに行った居酒屋さんの隣の席で飲んでいた男性集団。
わたしたちより、明らかに若い男性たちでしたが、わたしたちもお酒を飲んでいたので、一緒に飲むことにしました。
居酒屋さんでも2時間ほど、男性たちと飲み、そのあと、お店を変えて飲むことにしましたが、1時間ほど飲んだあと、わたしは次の日に朝早くから用事があったので、先に帰ることにしました。

みんなにひとこと、声をかけて帰ろうとお店を出たときに、その男性集団の中の人にが追いかけてきて、連絡先だけ教えていってと言われました。わたしもお酒が入っていたし、LINEくらいならと思い、連絡先を教えました。それから毎日、LINEのやりとりをしました。話をしていて、わたしより3歳年下ということ、そしてなにより、わたしと誕生日が同じだったり、職場が近かったりなど、とても共通点が多く、一気に距離を縮めました。そして、話していてすごく真面目で、良い人と感じたので、わたしの方から食事に行くお誘いをしました。彼はとても喜んでくれ、わたしたちは2人で会うことにしました。

正直言ってわたしは、ナンパやこのような出会い方で男性と会うことなどしたことなどなかったので、戸惑う気持ちもありましたが、どうしても彼にもう一度会いたかったのです。彼とあってみると、とてもカッコよく、話は尽きませんでした。わたしは一気に心惹かれましたが、わたしの方が年上だし…という気持ちがあり、なかなか踏み込むことができませんでした。

ですが彼の方もわたしに好意を持ってくれたようで、その後も何回か2人で食事に行き、昨年の年末に彼から告白を受け、お付き合いをすることになりました。年下の方とお付き合いするのは初めてですが、とっても幸せな気持ちです。

わたしは結婚適齢期なので、友達が婚活サイトに登録して素敵な出会いがあった、結婚が決まった、なんて話を聞くと密かに焦っていました。(婚活サイト  クレジットカード以外
彼はまだ若いですが、結婚も視野に入れてくれているようです。近い将来、彼と結婚できたら嬉しいです。

Posted in blog bykuro

東京で働く薬剤師の癒しとは

父が以前倒れて病院に数ヶ月入院していた時に、娘を連れてよくお見舞いに行っていました。
その病院は随分古くからある病院で建物も傷んでいたのですが、父が入院する数年前に改修と改装を行い、生まれ変わったように広く清潔で綺麗になっていました。

娘はまだ小さいので病室に大人しくじっとしている事が出来ず、すぐに外へ出て遊ぼうとしていました。
そこで、病院内の廊下のいたるところに設置されていた大きな水槽の前に連れ出して「ほら、すごいね、お魚さんが沢山居るよ」と少し大げさに声をかけて興味を引く作戦に。

娘は大喜びで近付いてきて廊下の沢山の水槽を前に「すいぞくかんみたいね」と興奮気味でした。
もちろん、水族館ではないので大きな魚はいないのですが、色とりどりの熱帯魚や可愛らしい小さなエビ、水槽の壁を使って上る貝など、沢山の生き物がいました。

病院が新しくなってから新たに設置された水槽は、入院している患者さん本人はもちろんのこと、私達のようにお見舞いに来ている家族や、病院で働いている医師、看護師、その他の清掃や配膳のスタッフの方たちにとってもとても癒されるものであったと思います。

それぞれの水槽の中で世界が出来上がっていて、大きな魚が小さな魚をつついたり、えさの時間になると一斉に水面に上がっていく様子は見ていてとても面白かったです。

父も車椅子に乗って少しではありますが廊下の水槽を眺める事が出来ました。病院を点々としてようやく最後に辿り着いた病院ですが、以前居た病院では廊下は薄暗く、陰湿な雰囲気を感じるところも正直ありました。それは建物自体の問題なのでどうにもならないことですが、壁の色や照明の明るさなど、患者さんにとって気分が少しでも軽くなるように工夫されていればもっと快適に過ごせたのではないかなと思います。

父はその新しい病院で3ヶ月過ごした後で、無事に自宅へ戻りました。家の中ではほとんど寝たきりの生活なので、病院に居た時と同じように父の部屋に水槽でも用意していつでも熱帯魚を鑑賞出来るようにしてやりたいと思っています。

薬局でも同じようなことは言えると思います。私の親戚に薬剤師がいるんですが、彼女が働く薬局でも小さな水槽を置いていて薬を待つ患者さんに癒しの時間をもってもらっているそうです。熱帯魚のいる水槽は、小さな子を抱えて忙しく働くパート薬剤師の彼女にとっても癒しとなっているそうです。<<薬剤師パート東京>>
私は地方の田舎都市に住んでいますが、東京に住んでいる彼女にとては私よりもより癒し効果が高いのかもしれませんね。

Posted in blog bykuro

予約時間って何の為にあるの?

待合室
どこの病院も同じようなものかもしれませんが、診察時間の予約を取っていてもその時間帯に診察室へ呼ばれる事はそうそうありません。
私が通院している病院では、月曜日が一番多く患者さんが来られるのですが、私の主治医も月曜日にしかいないので、どうしても、混雑しているのを分かっていて診察待ちをしなければいけません。

診察時間の予約を入れて帰るのが大体3ヶ月前。
3ヶ月前から予約をしているというのに、その時間帯に呼ばれないなんて、病院以外では考えられません。

例えば、レストランの食事だったらどうでしょう。
人気店に3ヶ月前からディナーの予約をしていたとします。
20時から22時が予約時間だったとして、予約時間5分前の19時55分にレストランに着いたのに、それから1時間くらい平気で待たされたとしたら、普通は怒って文句の1つでも言いたくなりますよね。
しかも、それがデートだったとしたらなおさらでしょう。

病院だって同じです。
予約時間以外の時間は、それぞれみんな他の予定が入っているのですから、出来るだけ予約時間内に診察を終えて欲しいものです。

看護婦さんや担当医師が優しいので、現在も通院していますが、これでぶっきらぼうな態度を取られていたら、状況は変わっていたかもしれません。
個人病院では、あまりそういったことはありません。
まず、診察の時間帯を予約するという事が無い病院もあります。

逆に、大きな病院であればあるほど待ち時間は長くなり、待ち時間の間に体調が悪化してしまうという事も、少なくありません。
病院というのは、みんなどこかしら体調が悪くて診察に来ているわけですから、待ち時間の間に他の方の病気を貰っていないとも限りません。
来た時よりも体調が悪くなって帰るのは、なんだか納得いかないですよね。

せめて診察予約を入れている時間内は、精一杯気になることについて説明をしてもらえたり、長時間待ったことに対してねぎらいの言葉1つでもあれば、だいぶ心身の疲労度は改善されるというものです。

病院のシステムには、まだまだ改善の余地が多くあると思います。

Posted in blog bykuro