予約時間って何の為にあるの?

待合室
どこの病院も同じようなものかもしれませんが、診察時間の予約を取っていてもその時間帯に診察室へ呼ばれる事はそうそうありません。
私が通院している病院では、月曜日が一番多く患者さんが来られるのですが、私の主治医も月曜日にしかいないので、どうしても、混雑しているのを分かっていて診察待ちをしなければいけません。

診察時間の予約を入れて帰るのが大体3ヶ月前。
3ヶ月前から予約をしているというのに、その時間帯に呼ばれないなんて、病院以外では考えられません。

例えば、レストランの食事だったらどうでしょう。
人気店に3ヶ月前からディナーの予約をしていたとします。
20時から22時が予約時間だったとして、予約時間5分前の19時55分にレストランに着いたのに、それから1時間くらい平気で待たされたとしたら、普通は怒って文句の1つでも言いたくなりますよね。
しかも、それがデートだったとしたらなおさらでしょう。

病院だって同じです。
予約時間以外の時間は、それぞれみんな他の予定が入っているのですから、出来るだけ予約時間内に診察を終えて欲しいものです。

看護婦さんや担当医師が優しいので、現在も通院していますが、これでぶっきらぼうな態度を取られていたら、状況は変わっていたかもしれません。
個人病院では、あまりそういったことはありません。
まず、診察の時間帯を予約するという事が無い病院もあります。

逆に、大きな病院であればあるほど待ち時間は長くなり、待ち時間の間に体調が悪化してしまうという事も、少なくありません。
病院というのは、みんなどこかしら体調が悪くて診察に来ているわけですから、待ち時間の間に他の方の病気を貰っていないとも限りません。
来た時よりも体調が悪くなって帰るのは、なんだか納得いかないですよね。

せめて診察予約を入れている時間内は、精一杯気になることについて説明をしてもらえたり、長時間待ったことに対してねぎらいの言葉1つでもあれば、だいぶ心身の疲労度は改善されるというものです。

病院のシステムには、まだまだ改善の余地が多くあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です